Search

back to top

2色印刷のイラストの作り方

僕のようにPhotoshopやClipstudio を主に使って2色刷り原稿のイラストを描く方向けの記事です。

 

 

タナカ
タナカ
わー2色(シアンとブラック)のイラストのご依頼がきたー!

 

 

たまに来るとやり方忘れてしまわへん?
フニャコさん
フニャコさん

 

 

忘れます!

なので備忘録としても書いていきます。

4Cでお願いしますというご依頼だったら、CMYK(シアン、マゼンダ、イエロー、ブラック)の4色を使って色を塗ります。通常の印刷物は、CMYKという版を使って色を出すからです。

2色刷り原稿の時は、この中の2つ(シアンとブラックorマゼンダとブラックが多い)を使います。

 

いきなり結論!Photoshopで最初から最後まで仕上げた方が楽!

 

PhotoshopでCMYKを操作できるからです。例えば、シアンとブラックの2色でしたら、CとKの値を調整すればいいわけです。

大雑把に使う色を分けてみました。だいたい使う色って決まってくるんですよね。

色を置いてみました。スキー場のイラストなので、シアンとブラックがよくマッチしてますね。

 

タナカ
タナカ
あーやっぱり、線は慣れているクリップスタジオを使いたい!

 

でもCMYKに対応してないんですね。いや出力は一応できるんですが、編集ができないので、修正があった場合とか大変です。

Clipstudio単体で2色刷り用に分版する方法もあるにはあるんですが、Photoshopがあれば、そちらで分版するほうがいいみたいです。
↓に詳しく書かれています。本記事の参考に読ませていただきました。

なので、線だけClipstudioで描いて、Photoshopに持ってきて色をつけてみます。

ClipstudioでPSD出力をしました。

PhotoshopでCMYKカラーにします。

Photoshopのいいところ!チャンネルというウィンドウがあって、CMYK4つの版がどうなっているか見ることができるんです。

なので、シアンとブラックの2色刷りでしたら、マゼンダとイエローの板は、真っ白にしなけばいけません。

現時点で、マゼンダとイエローの板に色がついています。Clipstudioでは、黒い線で描いたはずなのになんで?と思うかもしれませんが、CMYKの値を操作できないので、純粋なKの黒を出すことが難しいんです。

マゼンダとイエローのチャンネル上で、それぞれ載っている色を全選択(command+A)してdeleatします。これで黒の線はシアンとブラックの板のみになりました。

その後、別レイヤーに色をのせていきます。Photoshopでできることは、CとKの値を操作して色をぬれることです。チャンネルはレイヤーごとなので、全体に色がのった後で、レイヤーを統合してから、不要なチャンネルに色がついていないか確認するのもいいですね。

この時、注意したいのは、版そのものを削除してしまわないように!デザイナーさんにデータをお渡ししたんですが、版を消してしまうとIndesignで開けなくなってしまうそうです。僕、実際消してしまって失敗しました‥

ついでにブラックの知識。

同じ黒でも色々あるわけです。2色印刷の場合、黒(例えば線など)は基本スミベタで表現することになります。

 

スミベタは、リッチブラックに比べて薄い黒になります。版ズレの心配がありません。

Kインキのみ使うので、広い面積を塗るばあい、異物の付着による白抜け(ピンホール)が起こりやすいというデメリットがあります。

 

リッチブラックは、K以外のインキも使用する黒です。スミベタよりも深みのある黒になります。広い面積を塗るのに効果的です。デメリットは版ズレの影響を考慮すると、細かい文字や細い線などには向きません。

 

4色ベタはインキ総量の上限にひっかかるため入稿データはNGです。

(CMYKの値の合計が、300%から350%以上になってしまうことです)

 

そんなわけで実際の印刷がこちらです。

月刊スキーグラフィックさま(芸文社)のイラストを描かせていただきました☆お仕事ありがとうございます。

(掲載の許可はいただいております)

 

今は真夏やけど‥冬はスキー行きたなってきたわー!
フニャコさん
フニャコさん

 

以上、とってもざっくりですが、2色印刷の方法を僕なりにまとめてみました。

他のイラストレーターのみなさんは、もっと違うやり方をしているかもしれません。ぜひ、ご意見ご感想などいただけたら大変うれしいです。

 

 

追記;2019/12/5

Clipsutdioで描いた線を、Photoshopに持ってきて、K版だけ(K100)にする時、チャンネルミキサーを使うという方法がありました。

①線画をRGBからCMYKにする

②レイヤー→新規調整レイヤー→チャンネルミキサー

③チャンネルミキサーの調整レイヤーを新規作成して

④シアン、イエロー、マゼンダの値を0にします。

⑤ブラックを選んで、値は100%のまま、シアン、マゼンダ、イエローをそれぞれ50%にする

⑥線が、K版のみ(K100)になりました